R の起動と終了


Linux (Fedora) の場合

R の起動は、端末を起動して、R とタイプします。R は、インタラクティブセッションにはいり、コマンドプロンプト > を表示して、入力待ちの状態になります。

$ R

R version 2.9.0 (2009-04-17)
Copyright (C) 2009 The R Foundation for Statistical Computing
ISBN 3-900051-07-0

Rはフリーソフトウェアであり、「完全に無保証」です。
一定の条件に従えば、自由にこれを再配布することができます。
配布条件の詳細に関しては、'license()'あるいは'licence()'と入力してください。

Rは多くの貢献者による共同プロジェクトです。
詳しくは'contributors()'と入力してください。
また、RやRのパッケージを出版物で引用する際の形式については
'citation()'と入力してください。

'demo()'と入力すればデモをみることができます。
'help()'とすればオンラインヘルプが出ます。
'help.start()'でHTMLブラウザによるヘルプがみられます。
'q()'と入力すればRを終了します。

> 

終了は q() とタイプします。するとワークスペースを保存するかどうか入力を求められるので、端末上で操作した変数の値などを残しておく場合には y、そうでない場合は n を入力します。

> q()
Save workspace image? [y/n/c]: n
$ 
ページ先頭に戻る

Windows の場合

 Windows の場合は、インストール時にデスクトップにショートカットを作成してあれば、そのアイコンをダブルクリックするだけで(あるいはスタートメニューから選ぶと)RGui が起動します。R Console 上で直接コマンドを入力します。

ページ先頭に戻る

オンラインヘルプ

インタラクティブセッションでは、? + コマンド で、オンラインヘルプを参照できます。Unix 版は、同じコンソール上に、Windows 版の場合は Windows Help が起動します。

? によるヘルプの使用例(Linux)

> ?max
Extremes                package:base                R Documentation

Maxima and Minima

Description:

     Returns the (parallel) maxima and minima of the input values.

Usage:

     max(..., na.rm = FALSE)
     min(..., na.rm = FALSE)

     pmax(..., na.rm = FALSE)
     pmin(..., na.rm = FALSE)

     pmax.int(..., na.rm = FALSE)
     pmin.int(..., na.rm = FALSE)

Arguments:

     ...: numeric or character arguments (see Note).

:
ページ先頭に戻る
(C) 2009 - 2017 Fuhito Suguri
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This site by Fuhito Suguri is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 Unported License.
Ads by Sitemix